ノーローンで借りる時の気になる金利と限度額

MENU

ノーローンで借りる時の気になる金利と限度額

ノーローンという消費者金融は、大手の他の消費者金融と比較するとそれほど知られていないかもしれません。

 

よくテレビコマーシャルが流れる時代もありましたが、最近ではアコムやプロミスなどの方をよく見かけるという人も多いでしょう。

 

しかし、ノーローンは今も健在であり、しばしばお世話になるというサラリーマンの人もたくさんいます。

 

特に、一週間無利息のキャッシングは、返済し終わった次の月に再び使えるという点が利用者にとって大きなメリットとなっています。
他には30日無利息のキャッシングもプロミスやアコムであります。

 

無利息キャッシングというサービスは他の消費者金融でも導入されていますが、どちらかといえば初回の利用に限っていることが多いので、再度使えるという点が大きいのです。

 

金利の水準とレイクの関係

気になるノーローンの金利については、4.9%〜18.0%となっていますので、他の消費者金融と比べても変わりがないものとなっています。

 

100万円以下のようなそれほど高くない金額を借りる場合には、だいたい上限金利の18.0%が適用されることになります。

 

したがって、金利の面ではメリットもデメリットもほとんどないといっても良いですので、借入を考える時には他の条件について検討すると良いでしょう。

 

また、ノーローンは新生銀行グループの消費者金融となっていますが、レイクも同じ新生銀行グループです。

 

ただし、レイクの場合には消費者金融ではなく銀行の扱いとなりますし30日無利息どころか180日無利息です。

 

一般的には、銀行は金利が低めという傾向がありますが、レイクの金利は4.5〜18.0%ですので、銀行カードローンとしては高めの水準です。

 

レイクにも無利息期間は用意されていますが、初回の利用限定となっており、ノーローンとは異なりますので注意しましょう。

 

限度額の水準と増額

ノーローンの限度額は、最大で300万円となっていますので、大手の消費者金融の水準と比べるとやや低いです。

 

大手の消費者金融であれば最大が500万円というところも多いですので、少し開きがあるということが分かるはずです。

 

とはいえ、いきなり限度額として最大の金額が適用されることはほとんどないと言ってよいでしょう。

 

最初は数十万円ぐらいの金額で契約して、利用実績が増えると限度額が見直されるという形が一般的です。

 

ノーローンにおいても、限度額についてはいきなり300万円ということはほとんどないですが、99万円という金額が適用されることはあります。

 

したがって、最初に適用される金額自体は、やや高めになることがあるというケースがありますので、100万円まではいかないけれども少し多めに借りたいという人はノーローンが適しているかもしれません。

 

また、限度額の増額についても一般的な形と同じように、利用実績が増えれば見直される可能性があります。